2013年4月6日土曜日

東京の格安(激安)アパートとは

東京に限らず、全国的にそうですが、日本人はどうしても新しい未使用なものを好む。
東京の格安(激安)アパートとは、築10年以上で、外壁塗装もしていないアパートの事と言っても過言では無い。
アパート探しをしていると、外観を見ただけで格安アパートか激安アパートか判断出来る。
格安アパートとか激安アパートとか言われて喜ぶオーナーは居ないので、築10年ぐらいのアパートはせっせと外壁塗装を施しているが、その10年間に空き部屋をたくさん抱えて来たアパートでは、外壁塗装もままならず、10年の汚れはそのままとなっている。
考えてみれば、10年間の部屋の使用率が悪かったわけなので、格安アパートや激安アパートの室内は意外と綺麗かもしれない。
お買得物件ならぬ、お借得物件に上手く当たる可能性大である。
残り物には福が有るのたとえで、東京の格安アパートや激安アパートにも福が有れば良いのだが。